人間ドックの眼底検査では不十分 

人間ドックで眼底検査をしたからといって安心できないという
ニュースをご覧になりましたか?
「緑内障 人間ドック、見落とす危険」(MSN産経ニュース)

緑内障といえば中途失明の原因として最も多く、なんと40才以上の
20人に1人が発症しているという病気。

40才位になると年1回の人間ドックで検査を受ける人も多いでしょう。
でも、人間ドックで眼底検査をしても緑内障を見落とす危険が高いと
いうから安心できません。

緑内障の患者団体が調べたところ、現行の人間ドックの検査指針では
緑内障の検出率はあまり高くないそうです。
理由として、眼底写真の診断を眼科以外の医師が行っていたり、
眼底写真を片方しか撮らないなどの例があげられています。

緑内障というと眼圧が高いものだから、眼圧を測っていれば
見つかりそうなものですが、眼圧があまり高くないのに発症する
「正常眼圧緑内障」は発見できません。

「正常眼圧緑内障」は40才以上の発症者の7割を占めるそうで
私の身内にも患者がいます。

その人は、かすみ目がなかなか治らないからと眼科を受診して緑内障が
見つかりました。

前の月に健康診断で眼圧を測って正常範囲内だったから安心していたのに
どうしてと思ったそうです。

幸いごく初期だったので、大きな視野の欠けもなく、今は目薬で病気を
コントロールしながら経過観察しています。

目の病気は、片方の目の視野が欠けてももう一方の目で補うので
気がつきにくい。
見えにくいと感じた時には症状は進行しています。

テレビの砂嵐画面で、緑内障の自己チェックができるのは有名ですが、
ファイザー製薬のサイトでもチェックができます。
→→正常眼圧緑内障啓発サイト(ファイザー製薬)

緑内障のリスクの高い人の条件は、
・40才以上
・高血圧や低血圧
・片頭痛がある
・強度近視の人
・家族に緑内障患者がいる人

緑内障の場合、眼科医でも専門医でなければ発見率が3割以下に落ちると
いう話が記事には書いてありました。

40才になったら、定期的に眼科の専門医でチェックするのが目を救う近道ですね。
近視は眼病のもと -目次 | TrackBack(0) | 目の健康・視力

鰹だしで血流改善、眼精疲労にも 

鰹(かつお)だしには血流を良くして肩こりなどを解消する効果が
あるのをご存知でしたか?

鰹だしの血流改善効果を発見したのは味の素健康基盤研究所で
日本薬学会学術誌「Journal of Health Science」に成果が掲載されました。

 →→かつおだしが血液流動性、及び肩こり症状を改善することを確認(味の素)

さらに、鰹だしは眼精疲労にもよさそうなのです。
同じサイトの中に
「かつおだし長期摂取時の眼精疲労に与える影響の検討」という記事が見つかりました。

社内ボランティア11名(平均45.7歳)を対象に28日間鰹だしを
食べさせてテストしたところ、眼精疲労の改善傾向がみられたと
いうものです。


血流の良し悪しをどうやって測るかというと、
血液を血流流動性測定装置という機械にかけて測ります。
(テレビなどでおなじみの「ドロドロ血テスト」でしょう)

通過時間が短いほど血液が流れやすく血液流動性が高い
(=血液さらさら)と評価することができます。

鰹だしを食べた場合と食べない場合の血液を機械で測定した結果、
鰹だしを食べ続けた人の方が通過時間が短かく、血流が改善されたと
いうのです。

鰹だしに含まれているアミノ酸やミネラルなど27種類の成分の
複合作用で血行が良くなった結果、老廃物の排出や栄養補給が
促されているのだそうです。

鰹節でなく鰹だしなのは、味の素だからかも知れませんが
お味噌汁に鰹だし、冷奴のトッピングに鰹節とか
無理なく通常の食事に取り入れられそうです。
近視は眼病のもと -目次 | TrackBack(0) | 目の健康・視力

目に良い食事 

目に良い食べ物というと何が思い浮かびますか?

ブルーベリーとか、青汁とか?色々思い浮かびますが、
健康雑誌を見たところ、目の健康のためには特別なものを摂るのでは
なく、普段の食事で必要な栄養素をバランスよくとるのが一番だそうです。

ついつい思いついた時にサプリメントでも・・となりがちですが、
毎日の積み重ねが重要とのことです。


■目と関わりの深い栄養素

人間の身体に必要な5大栄養素というのがあって、炭水化物、タンパク質、
ビタミン、ミネラル(無機質)、脂肪がそれです。

その中で特に目と関わりが深いのは、ビタミンとミネラル。

緑黄色野菜を中心に、多くのビタミンを取り入れた献立にし、
できれば毎食野菜を食べるのがいいそうです。

ミネラルはいろいろな食品に含まれているので乳製品や小魚など
からも摂れます。

■朝食にお奨め、ヨーグルトと納豆

ヨーグルトにはタンパク質やカルシウム、ビタミンA、Bが豊富なので
果物やサラダでビタミンCを補えば栄養価はアップ。

納豆はタンパク質、カルシウム、りん、鉄、ビタミンBを含む
栄養価の高い食べ物。

洋食ならヨーグルト、和食なら納豆を出すようにして
あとはいつものパン・ご飯にサラダや飲み物で
立派なバランス朝食になります。


■注意が必要な食べ物

逆にあまり摂らない方がいいのは、塩分です。
高血圧で血管障害になると目に影響があるので、高血圧を招く恐れのある
塩分は摂り過ぎないようにした方がいいそうです。

塩分の摂りすぎを抑えると同時に、体から塩分を排出しやすくする
カリウムを食べるのも有効だそうです。

カリウムといえば、ちょっと前に流行ったバナナがお手軽では
ないでしょうか。

ブームも下火になって、値段も落ち着いたことだし、
皮をむけば食べられるバナナは忙しい朝にはもってこいです。
近視は眼病のもと -目次 | TrackBack(0) | 目の健康・視力


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。