コンタクトレンズで減る細胞 

自分は強度の近視なので、20年以上コンタクトレンズを愛用してきました。

最初のコンタクトレンズを買った時に次のような注意を受けたのを
覚えています。
1.一日の装用時間を守ること
2.レンズを清潔にすること
3.レンズを定期的に買い換えること

レンズを清潔にするのは当然ですが、決められた装用時間数が短くて不便なので、
装用時間を守らず一日10時間以上使っていました。

でも、装用時間を守るべき健康上の理由はちゃんとあったのです。

コンタクトレンズを長時間、長期間にわたってつけている人は
目の角膜内皮細胞が早く減るのだそうです。


角膜内皮細胞とは

目の角膜(黒目)は、0.5o程の透明な膜です。
この角膜の最も内側にあるのが角膜内皮細胞です。

角膜内皮細胞は、眼球内部の水分が角膜にたまりすぎるのを防ぐ
ポンプのような役割をしていて、染みこんできた水分を汲みだして、
角膜を透明に保っています。

角膜内皮細胞に障害があると、角膜が水分でむくんでしまい、
透明だった角膜が白く濁って視力が低下します。

また、角膜内皮細胞の数が減りすぎると白内障手術など
必要な手術を受けるのが難しくなります。


■角膜内皮細胞とコンタクトの関係

角膜内皮細胞は再生しないので、年をとると次第に数が減っていきます。

裸眼やメガネの人であれば、ものを見るのに不都合が出るほど
角膜内皮細胞の数が減るということはありません

しかしコンタクトレンズを長時間・長期間に渡って使ってきた人は、
加齢による通常の減り方よりずっと早いペースで角膜内皮細胞の数が
減ることが確認されています。


■角膜内皮細胞が減る原因

コンタクトレンズで角膜内皮細胞の数が減るのは、角膜に酸素が
不足するからと言われています。

角膜は透明で血管がないため、涙などから栄養をとり、直接空気中から
酸素を取り入れて呼吸しています。

酸素を通しやすいコンタクトレンズでも、裸眼に比べて角膜への酸素は
減ってしまいます。

コンタクトレンズを外して角膜が呼吸する時間を作るためには、
装用時間を守る必要があったわけです。

また、レンズをきれいに保つことも、角膜の呼吸を妨げないことに
つながります。

目の健康のためには、コンタクトレンズの装用時間と手入れ方法は
きちんと守ったほうが良さそうです。

心配なら、一度眼科で角膜内皮細胞の検査を受けてみるといいかも
しれません。
「非接触型スペキュラーマイクロスコープ」という器械で手軽に検査できるそうです。
近視は眼病のもと -目次 | TrackBack(0) | 目の健康・視力

目の治療と医療保険 

目を患って何年か経ちますが、今まで目の治療で医療保険の給付を
受けたのは一回だけです。

網膜格子状変性のレーザー治療をして、手術給付金5万円を
受け取りました。

私が加入している医療保険では、手術を受けた場合は
手術の種類に応じて5万円〜20万円の手術給付金が出ます。

網膜格子状変性のレーザー治療の時は、手術費用以外に
手術前後の通院での医療費と診断書代(5000円)がかかりましたが
手術給付金で医療費を補填して、収支はとんとんというところ。

その後、両目にアバスチン注射を受けていますが、手術ではないので
医療保険の対象外。
(因みにアバスチン注射をした時の医療費は1回7000円程度)


今入っている医療保険は、親が付き合いで契約したのを引き継いだので、
契約書なんかよく読んでいません。

眼科医に「レーザー治療は医療保険の給付対象になります。
もし医療保険に入っているなら聞いてるといいですよ」と言われ、
自分の入っている医療保険の契約内容を苦労して読んだものです。

(字が小さいので、目が悪い人には読みにくいです。)

定期的な通院で数千円の医療費ならあまり負担に感じませんが、
手術や入院ではまとまったお金が出て行きます。

もしもの時には、医療保険の有難みがわかるというものです。

手術給付金の他に、入院給付金と障害給付金も出ます。

新しい医療保険なら、通院でも出るものもあるようです。
残念ながら私が入っている医療保険は通院では何も出ません。

目の治療で入院というと、pdt、網膜剥離、眼球破裂とかでしょうか。
 →→目の入院手術概算費用(静岡市やなぎだ眼科様)


障害給付金については、条件が厳しく、両目あるいは片目が失明に近く
ならないと障害給付金の対象になりません。

手元にある医療保険の契約書だと次のような条件です。
 ↓
・両目失明(矯正視力0.02以下)で障害給付金の100%を支払う。
・片目失明(矯正視力0.02以下)で障害給付金の50%を支払う。
・両眼の視力障害(矯正視力0.06以下)で障害給付金の30%を支払う。


若い時は「掛金の元がとれないから損」と思っていたものの、
今は「もしもの時の安心を買っている」と考えが変わっています。

私の場合、目の病気以外にも他の病気やけがで手術をして
この医療保険には何回もお世話になっています。

安い掛金で済む若くて健康な時に、医療保険にいれてくれた
親には感謝しなければなりません。
近視は眼病のもと -目次 | TrackBack(0) | 目の健康・視力

目に悪い8つの習慣 

眼病に関する本に「目に悪い習慣」がのっていました。

目を流れる血液は全身から巡ってきます。
血液はすべての細胞に酸素や栄養素を運び、老廃物を回収する
働きを持っています。

生活習慣や食事で血液の循環をよくすることが、目の健康には
重要であると説いていました。


■目に悪い習慣とは?

1.食べ過ぎ

食べ過ぎ、動物性食品、砂糖、油の取りすぎは
いわゆるどろどろ血になり、動脈硬化のもとになります。
目の血液循環や水分代謝にも悪影響が出ます。

2.水分不足

体に水分が不足すると血液が濃い状態になります。
脱水状態を放っておくと結膜下出血や糖尿病性網膜症を
引き起こす危険があります。


3.カフェインやアルコールのとりすぎ

カフェイン飲料(コーヒー、紅茶、緑茶)やアルコールは利尿作用が
強い飲み物です
水分の補給をカフェイン飲料だけに頼っていると脱水気味になります。
カフェインの取りすぎは眼圧をあげる作用もあります。


4.運動不足

運動しないと末梢の血管に血液が滞ってむくみやすくなり、
血流も悪くなります。


5.便秘

便秘をすると腸にたまった便から発生した有害な成分が再吸収されて
血液を汚します。

6.紫外線
太陽光線に含まれる紫外線が目に入ってくると活性酸素が大量に発生し、
目の細胞を痛めます。
また、テレビやパソコンでも青い光を出す画面を長時間見ていると
目に悪いそうです。

7.喫煙
タバコを吸うと抗酸化物質であるビタミンCが大量に消費されて
必要なところに行き渡らなくなります。
また、血管を収縮させるので血の流れも悪くなります。


8.夜更かし

夜寝る時間が遅いと自律神経のバランスが崩れ、血液の循環や水分代謝を
悪くします。
夜更かしで自律神経が交感神経優位になると眼圧が高くなりやすい。



上記の項目は、目のためだけでなく一般的な健康法と重なる気もします。

人間の器官はつながっているので、目の健康状態は
全身の健康状態の影響を受けるという考え方なのでしょう。
近視は眼病のもと -目次 | TrackBack(0) | 目の健康・視力


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。