<目の健康・視力カテゴリの記事一覧>

本当に必要な視力 

生活するのに必要とされる視力はどのくらいあればいいのでしょう?

視力は良ければ良いほどいいにちがいありません。

一般的な視力検査で測定しているのは、「遠方視力」というもので、
目安にされる視力は1.0ではないでしょうか。

1.0という視力は、1キロ先にある30センチ幅の目標を見わける能力が
あることを意味します。

この数字はどこからきたのでしょうか?

日本が遠方視力に関心を持ったのは、第一次世界大戦のころといわれて
います。

戦争で銃を上手に使うためには、遠くにいる敵を狙って倒す視力が
必要でした。

銃の射程距離は1キロメートル、目標になる敵の胴体の幅が30センチとして、
視力1.0という遠方視力の基準ができました。

銃で敵を倒すのに必要な視力を持つ兵士を集めるため、軍の徴兵検査の
基準として使われたのがこの数字なのです。

それ以来、日本で視力といえば遠方視力で、1.0を基準にするのが
定着していったそうです。

果たして現在はどうでしょう。

1キロ先にある30センチのものを見分ける能力を必要とされることは
あまりないのではないでしょうか。

テレビやパソコンなど、遠くを見るより、近くを見ることが多い最近では、
視力が良すぎるとかえって眼が疲れたり、頭痛や肩こりに悩まされる
ことさえあります。

視力には、遠方視力のほかに、「近方視力」というものもあって、
こちらは本や新聞など手元の文字を見る能力です。

今は、年令に関係なく近くのものを見る時間が長いので、近方視力の方が
より重要かもしれません。

近方視力の検査は近方用の視力表を使って測定します。

老眼の検査のとき以外は測る機会はないそうで、私はまだ測ったことは
ありません。

遠くが見えれば近くも見えると思いがちですが、近くを見るには
焦点合わせや、両眼の調整機能などが必要になります。

そのため、遠方は見えても近方がよく見えない場合もあるそうです。


目の病気になった患者は、
「遠くは見えなくてもいい。せめて新聞や本が読みたい」と望む人が
多いと聞きます。

私は近視性黄斑変性症の患者ですが、やはり同じ気持ちです。

車の運転やスポーツや旅行はあきらめてもいい。
体は生きていけても、本やパソコンなど文字の情報なしで生活するのは、
どれだけ味気ないことでしょうか。

もちろん耳からも情報は得られますが、今までの長い習慣もありますから
急にあきらめられるものではありません。


日常生活では、両眼での視力が0.7〜0.8もあれば困ることはないと
されていて、自動車の運転免許証で必要とされる視力も0.7ですね。

普通の人は、700〜800メートル先のものが見えれば問題なく
生活できるでしょう。

私の場合は、そこまでの視力は望むべくもないので、
眼鏡をかけて本が読める視力(0.3くらい?)が、本当に必要な
最低限の視力かと考えています。
近視は眼病のもと -目次 | TrackBack(0) | 目の健康・視力

目のために軽い体操を 

目の病気には 血流を良くするのが大切だと言われます。

加齢性黄斑変性症の原因として、老化説や光刺激説のほか、血のめぐりが悪くて
目の細胞が栄養不足になるからという説もあるそうです。

目の網膜に酸素や栄養を運ぶ血液の流れが悪くなると、網膜にある視細胞が栄養を
とれなくなったり、老廃物を掃除したりできなくなるというわけです。

また、緑内障という病気は高い眼圧が原因と思われていましたが、近年は
眼圧が正常範囲内でも起こる正常眼圧緑内障が患者の半分以上を占めています。

この正常眼圧緑内障が起こる原因の一つとして、血液の循環に障害があるため
視細胞の働きが低下するという説があるといいます。

血液の循環を良くするには、食事やサプリメントでの栄養管理も大切ですが
運動をするのも効果的です。

わざわざどこかへ出かけていって運動しなくても、ちょっとした体操や
ストレッチをこまめにやればいいのです。

眼精疲労や肩こりに良いといわれる体操やストレッチなど、
何でも自分の気に入ったものを続けるといいでしょう。

短時間で、いつでも、簡単に、お金もかけずにできる運動として、
ラジオ体操と腕振り体操をご紹介します。


■ラジオ体操(第1)

子供の時はいい加減にやっていたせいか、ゆるい運動という印象でした。

ところが、真面目にじっくりやってみると、短時間で全身の主な筋肉を
効率よく動かす体操だとわかります。

特に前半は腕をまわす動きが多く、肩や背中のこわばりがラクに
なります。

(第1体操しか知らないので、第1体操が第2体操より優れているということではありません。)


■腕振り体操

足を軽く開いて立ち、ひじを曲げないで両腕を前後に振るだけの単純な体操です。

中国の「達磨易筋経」に書かれているという運動の一つで、回数は200回位、
所要時間は3分〜4分で済みます。

単純なので飽きるし、数を数えるのも面倒なので、音楽でも聴きながら
やるといいそうです。

この運動で病気が治ったとか、超能力者になったとか(?)怪しげな話も
あるようですが、体操をすると肩や首のあたりがぽかぽかしてくるのを感じます。

お昼休みや寝る前に、首のストレッチなどとあわせて試してみてはどうでしょうか。
近視は眼病のもと -目次 | TrackBack(0) | 目の健康・視力

サプリメント飲み比べ 

経験した人だけがわかることですが、視野にかかる部分に眼底出血がおこると、
出血した血がうすく広がって影のように見えるようになります。

知人から「自分も眼底出血したけど、一週間で吸収された」という話を聞いていたのに、
待てど暮らせど影は消えません。
3ヶ月たってもきれいに吸収されません。

こんなに治りが悪いのは、体の血液の循環が悪いせいでは? と疑いました。
低血圧、低体温で平熱は35度台、それに貧血気味でしたから。

体操などでこまめに体を動かすように心がけるほか、血液の循環を良くする
サプリメントでも飲んでみようと思いたちました。

血のめぐりを良くして治癒力を高めたり、健康維持するという考え方は、
たぶん東洋医学の発想です。
西洋医学がだめなら東洋医学、そうだ、漢方薬はどうだろうかと。(単純です)

お医者さんは鼻で笑うでしょうが、以前のように見えるようになりたくて
当時は真剣だったのです。

昔、月経困難症で通院していた時、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)という
漢方エキス剤を処方されて飲んでいたことを思い出しました。

当帰芍薬散は「女性の聖薬」とも言われ、冷え・むくみ・血流改善に
良いと聞いていました。

さっそく薬局に行って、当帰芍薬散と似たような生薬が入った薬を買ってきて
飲み比べてみることにしました。

買ってきたのは次の3種類です。

当帰芍薬散(顆粒タイプ)
ルビーナ
命の母A 

上から順に試してみました。

当帰芍薬散(顆粒タイプ)
一回一包を毎食前に飲みます。
焦げたカラメルのような独特の味ですが、それほど不味くはありません。

2週間飲んでみたのですが、あまり効果は感じられませんでした。
何となく胃が重くて、便秘がひどくなったように感じたので、向いていなかったようです。 
値段は2週間分で2400円でした。


ルビーナ 
「連珠飲(れんじゅいん)」という、血を補いながら体を温め、余った水分を取りのぞく
処方だそうです。
用量は、一回3錠を毎食後に飲みます。

胃が重い等の不快感はなかったのですが、おだやかすぎて飲んだ気がしないというか、
何も変化が感じられなかったので継続に至りませんでした。
値段は 20日分で2900円でした。


命の母A
たまたまセール品で安かったせいもあって買いました。
13種の生薬を中心に、ビタミンやカルシウムなどを配合した複合薬で、
血行を促し体を温めるそうです。

用量は、一回4錠を毎食後に飲みます。

最初に飲んだ時、体がふわーっと温かくなるのを感じました。
便通がよくなったと思ったら、便秘薬で有名なダイオウが含まれている
ためでした。
ダイオウは服用量や体質によって副作用が出ることがある生薬なので
注意が必要な成分らしいです。

しばらく飲んでみて、少し作用が強いように感じたので、1錠減らしてちょうど
いいと思いました。
値段は1ヶ月分1800円でした。

冬場は命の母Aにお世話になって、暖かく過ごせました。

でも、当初の目的だった眼底出血の影は5ヶ月経った今も消えていません。
だいぶ薄くなって、明るいところでは気にならなくはなりましたが。

やはり、素人判断では限界があるし、合わない薬を飲むのは体に悪いと反省しました。
いつか病院の漢方外来を訪ねて、自分にあった薬を専門家に処方してもらおうかなと
思っています。

近視は眼病のもと -目次 | TrackBack(0) | 目の健康・視力


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。