目の治療と医療保険 

目を患って何年か経ちますが、今まで目の治療で医療保険の給付を
受けたのは一回だけです。

網膜格子状変性のレーザー治療をして、手術給付金5万円を
受け取りました。

私が加入している医療保険では、手術を受けた場合は
手術の種類に応じて5万円〜20万円の手術給付金が出ます。

網膜格子状変性のレーザー治療の時は、手術費用以外に
手術前後の通院での医療費と診断書代(5000円)がかかりましたが
手術給付金で医療費を補填して、収支はとんとんというところ。

その後、両目にアバスチン注射を受けていますが、手術ではないので
医療保険の対象外。
(因みにアバスチン注射をした時の医療費は1回7000円程度)


今入っている医療保険は、親が付き合いで契約したのを引き継いだので、
契約書なんかよく読んでいません。

眼科医に「レーザー治療は医療保険の給付対象になります。
もし医療保険に入っているなら聞いてるといいですよ」と言われ、
自分の入っている医療保険の契約内容を苦労して読んだものです。

(字が小さいので、目が悪い人には読みにくいです。)

定期的な通院で数千円の医療費ならあまり負担に感じませんが、
手術や入院ではまとまったお金が出て行きます。

もしもの時には、医療保険の有難みがわかるというものです。

手術給付金の他に、入院給付金と障害給付金も出ます。

新しい医療保険なら、通院でも出るものもあるようです。
残念ながら私が入っている医療保険は通院では何も出ません。

目の治療で入院というと、pdt、網膜剥離、眼球破裂とかでしょうか。
 →→目の入院手術概算費用(静岡市やなぎだ眼科様)


障害給付金については、条件が厳しく、両目あるいは片目が失明に近く
ならないと障害給付金の対象になりません。

手元にある医療保険の契約書だと次のような条件です。
 ↓
・両目失明(矯正視力0.02以下)で障害給付金の100%を支払う。
・片目失明(矯正視力0.02以下)で障害給付金の50%を支払う。
・両眼の視力障害(矯正視力0.06以下)で障害給付金の30%を支払う。


若い時は「掛金の元がとれないから損」と思っていたものの、
今は「もしもの時の安心を買っている」と考えが変わっています。

私の場合、目の病気以外にも他の病気やけがで手術をして
この医療保険には何回もお世話になっています。

安い掛金で済む若くて健康な時に、医療保険にいれてくれた
親には感謝しなければなりません。


近視は眼病のもと -目次 | TrackBack(0) | 目の健康・視力
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/99966856
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。