エリプサ発見・網膜色素変性症解明の糸口に 

「繊毛異常の原因を解明」というニュース、眼と無関係と思ったら、
網膜色素変性症の原因解明につながるかも知れない発見だそうです。

■繊毛(せんもう)とは?

繊毛は生物の細胞の表面にある毛のような小器官で、微妙な変化を
感じ取って細胞内に伝える役目をしています。

繊毛は全身の細胞にあり、長さは千分の数ミリ、細胞1個につき
1本〜数十本の繊毛があるそうです。

繊毛の先端付近にはセンサーがあって、光や匂い、尿の流れを感じる等、
目・鼻・耳・腎臓などで重要な役割をしています。


■繊毛異常と眼の関係

そのため、繊毛に異常があると、体の機能に悪影響が現れます。
例えば、目の視細胞の繊毛に欠失があると網膜色素変性症に
なることが知られているそうです。

「エリプサ」の発見

この研究には、熱帯魚のゼブラフィッシュが研究材料に選ばれました。

ゼブラフィッシュは観賞魚としてよく目にする魚ですが、多産で成長が速いなど
研究に都合が良いため、脊椎動物のモデル生物としてよく用いられるのだそうです。

ゼブラフィッシュの中でも繊毛の長さが極端に短い変異体を選んで
研究を重ねた結果、変異の原因になる遺伝子が見つかりました。

その遺伝子からできるたんぱく質が「エリプサ」です。

「エリプサ」は繊毛を形作る過程で、部品を運ぶ分子をつなぐ連結器の
ような役割をするそうです。

「エリプサ」に異常があると、部品は運ばれずに繊毛の根元にたまり、
短い繊毛しか生えなくなると見られています。

「エリプサ」に相当するたんぱく質はヒトにもあり、同じような繊毛
形成の仕組みがあると予測されています。

この発見が、病気の原因解明や治療法の発見につながることを期待します。


近視は眼病のもと -目次 | TrackBack(0) | 黄斑変性
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94583224
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。