アイマスクで目を休ませる 

最近、目を休ませるためにアイマスクをして寝るようにしたところ
具合がいいと感じています。

■アイマスクで寝るようになったきっかけ

アイマスクを使うようになったのは、通っている鍼の先生との雑談が
きっかけです。

テレビやパソコンを使うなら時々目を休めること。目を閉じるだけで
なく、完全に光をさえぎるとさらによろしいというような話でした。

明るい部屋でまぶたを閉じても光を感じるし、閉じたまぶたに写る模様を
目で追ってしまうので、その話にも一理あると思ったのです。

住環境の都合で、うちの寝室はカーテンを閉めても真っ暗になりません。
睡眠中も目は光の刺激を受けているかもと気になりはじめました。

さらに、アイマスク+耳栓をして寝ると睡眠時間が短くて済むという話も
聞きつけて「寝る時にアイマスク」を試すに至りました。


■アイマスク選び

アイマスクを買う時に気にしたのは次のような点です。

1.神経質で寝つきが悪いので、圧迫感や重さが気にならないこと
2.皮膚に化繊が当たるのは嫌いなので、素材は綿。
3.洗濯できること
4.値段が安いこと

近所の100円ショップを物色し、タオル地でゴムの長さを調節できる
アイマスクを見つけて買ってきました。

実際に付けてみると、ゴムの長さを調節しても、こめかみ辺りに圧迫感を
感じたので、何日かかけてゴムを伸ばしました。

針仕事ができればゴムをつけかえるのですが、眼病で針穴に糸を通せなく
なったのが悲しいところです。


■アイマスクで寝る良い点、悪い点

目が休まるのは当然なのですが、深く眠れる効果も出ています。
以前と同じ睡眠時間なのに、目覚めたときに頭がすっきりしているという
自覚があります。
(根拠になるような証拠は無いので、単に気のせいかも知れませんが)

悪い点は、次の4点ぐらいです。
・当初アイマスクが気になって、寝付きが悪かったこと
・目覚ましがないと寝坊しやすいこと
・翌朝、ゴムで髪に寝ぐせがつくこと
・家族に冷ややかな目で見られた

さらに、夏場は「暑苦しい」という欠点も加わりそうです。


近視は眼病のもと -目次 | TrackBack(0) | 目の健康・視力

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。