近視性黄斑変性 患者の10年後は 

強度近視で近視性黄斑変性になってしまったら、10年後の視力は
どうなるのでしょう。

■近視性黄斑変性について

網膜の下にある脈絡膜(みゃくらくまく)側から不良な血管が生え、
眼底出血やむくみによって視覚に障害が出る病気です。
多くの場合、黄斑部と呼ばれる眼底の中心部で起こります。

いくつか種類がありますが、強度近視の合併症でおこるものを
近視性黄斑変性といいます。

医療機関によって近視性血管新生黄斑症、脈絡膜新生血管など
いくつかの名称がありますが、ここでは近視性黄斑変性という
呼び方に統一します。

上で書いた不良な血管を脈絡膜新生血管(みゃくらくまくしんせいけっかん)と
呼びますので、頭の片隅にメモしておいてください。


■近視性黄斑変性患者の長期経過

東京医科歯科大学眼科学教室の強度近視グループは
約10年という長期に渡り近視性の脈絡膜新生血管の経過を観察したそうです。

その結果によると、強度近視で脈絡膜新生血管ができた患者は、
発症後5年以上たつと、半数以上が矯正視力0.1以下の低視力になってしまいました。

しかし、特別な治療をしないのに長期にわたって0.5以上の矯正視力を
保つ人も中にいました。

発症後5年以上経過したとき、64.9%は矯正視力0.1以下になり、
0.5以上の視力を保ったのは14%という割合だったそうです。

良好な視力を保てる人と低視力になる人の違いは何でしょう?


■5年後の視力を分けるもの

矯正視力0.5以上だったグループは、0.1以下のグループと比べて
次のような差が見られました。
  • 発症時の年齢が若い
  • 新生血管の病変部が小さい
  • 新生血管が黄斑の中心部(中心窩)をそれている
  • 発症時の視力が良好


発症時の近視の強さや眼球の前後の長さについてはそれほど
違いはありませんでした。

年齢が若い方が、網膜の視細胞を支えている網膜色素上皮の
働きが良いので有利なのではないかということです。

※網膜色素上皮は図のピンクの部分にあります。
網膜色素上皮


新生血管のできる場所や大きさ、発症時期は自分ではどうにも
できません。

残念ながら、結果を見る限り患者が自分で改善できる余地は
なさそうです。

5年後、大半の患者は0.1以下の低視力になったという結果は
自分の未来を見せられたようでショックです。

10年後は、好きな本でも読んでのんびり暮らす予定だったのですが。


※近視性脈絡膜新生血管の長期観察研究について補足



観察対象:近視性脈絡膜新生血管のある強度近視患者
症例数:発症後5年以上の自然経過を
観察できた52症例
平均観察期間:約9年間
分析方法:5年以上経過後に最終視力0.5以上と0.1以下の
2グループについて以下の6項目を分析
・発症時の年齢
・屈折度(近視の強さ)
・眼軸長(眼球の奥行)
・CNV(脈絡膜新生血管)の大きさ
・CNV(脈絡膜新生血管)の位置
・発症時の視力


東京医科歯科大学の研究結果は、近視性脈絡膜新生血管の
治療をする際の基準として数多く引用されているということです。

なお、記事内容は正確でない恐れがありますので、興味のある方は
東京医科歯科大学の強度近視外来へお問い合わせ下さい。

近視は眼病のもと -目次 | TrackBack(0) | 黄斑変性
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87749887
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。