メガネレンズの色と効果 

以前、遮光メガネを見に行ったこともあり、メガネレンズの色と効果に
興味を持っていました。

そんな折、メガネレンズの色の解説を書いたメガネ屋さんのチラシが
ポスティングされていました。

自分が求めている情報が寄ってきたのか、興味があったから目に留まったのか
わかりませんが、好都合でした。


■メガネレンズの色と特色

^●-●^ブルー系のレンズ

・まぶしい黄色光をカットするので、車のヘッドライト等に対して
 まぶしさを防ぐ効果があります。
・クールな印象を演出できます。
・スキー、テニス、ハイキングに良いでしょう。


^●-●^グレー系のレンズ

・まぶしさを防ぐ効果が最も高く、日差しの強い時に最適です。
・可視光線を平均的に吸収するので、どの色も自然な色調に見えます。

・大人っぽさや品の良さを演出できます。
・屋外でのスケッチ、観光旅行、マリンスポーツ時に良いでしょう。


^●-●^ピンク系のレンズ

・ピンクや赤系のレンズは、まぶしさを防ぐ効果はあまりありません。
・血色の良いハリのある肌に見せるので、ファッションの一部として
 用いるとよいでしょう。


^●-●^グリーン系のレンズ

・視界が最も自然に見える色です。
・青色、赤色の可視光線を吸収するので目が疲れません。
・釣り・ジョギング等に最適です。


^●-●^イエロー系のレンズ

・眩しさを防ぐというより、薄暗い日やもやのかかった日などに、
 視界をクリアにしてくれます。
・コントラスト効果が高い色です。
・ドライブ、ウィンタースポーツ、射的に最適です。


^●-●^ブラウン系のレンズ

・青色の光を遮断し、鮮明に見える色です。
・イエロー系に次いでコントラスト効果が高く、適度にまぶしさを防ぎます。
・肌色に近いため、堀の深い顔に見せる効果があります。
・OA用、ゴルフやウィンタースポーツに良いでしょう。


^●-●^バイオレット系のレンズ

・緑、黄色、オレンジ系までの広範囲の光線をカットする色です。
・淡い色でもまぶしさを防ぐ効果があります。
・影を強調してシャドー効果が期待できます。
・OA用に良いでしょう。


■屋外用レンズには紫外線対策を

因みに、レンズの色と紫外線カットは別物なので注意しましょう。

濃い色のレンズをかけると、瞳は光を入れようと大きく開きます。

紫外線カット効果のないレンズは有害な紫外線を通して、目を痛める結果に
なりますので、屋外で使う場合は、レンズの紫外線対策は必須です。



近視は眼病のもと -目次 | TrackBack(0) | 目の健康・視力

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。