アバスチンの小分け販売制限の計画 

アバスチンの情報を拾ったので、少し古いですが追加します。

調剤薬局向けのアバスチン販売を2008年1月から停止する計画に
遅れが出ているという記事がウォールストリートジャーナル(WSJ)に
載りました。

アバスチンを加齢黄斑変性症の治療薬として使うのを制限する計画の
一環のようです。


■調剤薬局向けアバスチン販売停止の経緯

アバスチンはガン治療薬として開発された薬ですが、加齢性黄班変性の
治療用薬として使われるようになったのはご存知の通りです。

眼内注射用に開発されたルセンティスに比べて値段が安いため、
多くの患者がアバスチンを使っていました。

アバスチンを目に注射するなら少量で良いので、アバスチンを小分けしたものが
調剤薬局で転売されていました。

この状況に対して、FDA(米国食品医薬品局)は製造元ジェネンテック社の
工場検査の際に、眼科用の基準に達していないアバスチンの廃棄処分を命じ、
調剤薬局にも警告状を送るというできごとがありました。

ジェネンテック社はアバスチンを調剤薬局に販売するのを止めようとしましたが、
眼科医から激しい反発を受けてしまいました。

そこで、調剤薬局へは売らないかわりに、医師が問屋に指示すれば調剤薬局や
病院の薬局にアバスチンを直接届けることはOKという妥協策をとることにしました。

この妥協策では、眼科医が指示するという形になるので、ジェネンテック社は
基準に達しない薬を眼科用に提供しているという批判を逃れることができます。

しかし、今度は医師の方が法令違反に問われる可能性があるため、
学会は法律家と相談することを薦めているということでした。

※アバスチン販売制限の経緯については、ジレッタントさんが「Medicine Blog」で
詳細な記事を書いておられます。
 →Avastin(アバスチン)は本当は激安だった!
 →Avastin(アバスチン)は来年も眼科で使える


■何か影響があるか?

かかりつけの眼科医はアバスチンをアメリカから個人輸入したと言っていたので、
診察日にコメントを聞いてみようと思ったのに、つい忘れてしまいました・・。

病院にアバスチンの在庫はたくさんあるそうなので、アバスチン不足で
注射ができなくなる心配はなさそうですが、医師の法的責任云々のあたりは、
日本にも何か影響が及ばないか気になるところです。


タグ:アバスチン
近視は眼病のもと -目次 | TrackBack(0) | VEGF(血管内皮増殖因子)阻害剤
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/85039922
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。