アイフェスタin横浜 

横浜まで足を延ばして、アイフェスタin横浜という視聴覚障害者福祉機器展を
のぞいてきました。

■アイフェスタin横浜とは

視聴覚障害者のための総合的な福祉機器展示会で、日本網膜色素変性症協会(JRPS)の
神奈川支部が主催しています。

1999年の第1回が行われて、今年で6回目の開催だそうです。

今回は機器展示のほか、日常生活の相談、目の専門医による医療相談会、
患者の交流会、盲導犬体験教室も行われました。

アイフェスタは、神奈川だけでなく全国で開催されていて、地域によって
内容が多少違うかもしれませんが、出展企業とボランティアの協力で、
誰でも無料で参加できるイベントです。

市役所に置いてあったアイフェスタのチラシによると、白杖、遮光メガネ、
ルーペ、拡大読書器、録音再生機、活字読み上げ機、点字プリンタ、
音声時計、補聴器、ガスコンロなど、約250品目の機器を展示すると
書いてありました。

私は遮光メガネに興味があったので、ちょっとのぞいてみようと
思ったのです。


■アイフェスタ会場の様子

会場は横浜駅から徒歩7〜8分のかながわ県民センターで、
機器の展示は1階で行われていました。

会場は思ったより狭く、普段は会議室かセミナールームとして
使っている部屋のような感じです。

部屋の壁ぎわのあちこちに置かれた長机の上に視聴覚機器や
グッズが展示されていて、それぞれにスタッフが座っています。

興味のある展示コーナーに行ってスタッフに声をかけると
デモをしてくれたり、実際に使わせてくれたりするという
システムのようです。

もう終了30分前なので、それほど混雑はしていませんでした。

2人連れの人が多く、1人で来ているのは私ぐらいです。
年齢層は高めで、男性の方が多いような印象でした。

拡大読書器や活字読み上げ機の展示コーナーが人気で、
体験使用している人を囲んで何人かの人が説明に聞き入っていました。


■遮光メガネ展示コーナー

目当ての遮光メガネの展示コーナーを探しあてましたが、残念ながら、
展示数はあまり多くありませんでした。

手持ちのメガネの上に取り付けるタイプとデザインの違う2種類のメガネに
それぞれ違う色のレンズを入れて並べてありました。

スタッフの人に聞くと「うちはレンズメーカーなので、レンズの展示が
メインなんです」とのこと。

有害なブルー光線をカットする室内用のレンズの色を聞いてみると、
オレンジと薄いグレーのレンズを薦められました。

手持ちのメガネに取り付けるタイプを見せてもらいましたが
真ん中についているクリップで取り付けてみると、重みで
メガネがずれてしまいます。

マグネットで取り付ける軽いタイプがあるので、メガネ屋さんで
聞いてみるといいですよとアドバイスされました。

もっと展示してあるメガネの種類が豊富だったらと少し残念でした。

目が見えにくくなっても、自分の顔型にあった快適なメガネを選びたい
気持ちはまだ残っているのです。


近視は眼病のもと -目次 | TrackBack(0) | ロービジョン対策
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/84343140
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。