アバスチン注射のタイミング 

■右目のアバスチン注射の結果

近視性黄斑変性症の右目にアバスチンを注射して1週間後、
眼科に定期健診に行きました。

矯正視力を測定したところ、視力表で2段階アップの0.5でした。
眼圧検査、眼底検査の結果も良好で副作用も出ていません。

見え方の変化としては、目の前に見えるドーナツ型の影が薄くなって、
視界が明るくなりました。

しかし、強いゆがみはとれないので、あいかわらず右目だけで文字を
読むのは困難です。

右目へのアバスチン注射の効果を期待していたのですが、
出血やむくみを放置していた間に、黄斑部がダメージをうけて
回復できない状態になっていたようです。

経過観察していた1年半のつけは大きかったということでしょう。

アバスチンは新生血管を叩いて進行を止めるだけで、
残念ながら、一度痛んでしまった組織を回復させる効果はないのです。


■アバスチンをもっと早く使えば・・

もっと早くアバスチン治療のことを知っていたら・・
視力が落ちる前に新生血管を叩いて、出血やむくみを防いでいたら、
もう少しよい視力を回復できたのではないかと思うと、悔いが残ります。

眼科では、視力が0.5を下回るまでは経過観察をして積極的な治療を
行わないのが標準的な治療のようです。

視力を維持したいのに、ある程度悪くなるまで治療できないというのは
何だか皮肉です。

浅薄な一患者の考えでは、新生血管が悪さをする前にアバスチンを使って、
視力を維持するという選択肢があってもいいのではないかと
思うこともあります。


■アバスチン治療に慎重な理由

しかし、よく考えれば慎重になるのは仕方が無いことは理解できます。

アバスチンは新しい薬で、しかも目の治療用に作られた薬でもないので、
安全性の問題はついてまわります。

近視性の黄斑変性の場合、失明にいたることはまずありませんが、
万一、アバスチンで重大な副作用が出たら取り返しがつきません。

強度近視の人は網膜が引き伸ばされて薄いので、アバスチンで
悪い影響がないかどうかも心配です。

また、短期的に進行を止めたとしても、長期的にみたら
治療した場合としなかった場合で、どの程度差が出るかのデータも
ありません。

例えば10年後、どの程度の差があるのか?
果たして、未承認の薬を使う危険をおかすほどの意味があるのか?

このようなことを考えると、慎重になるのは当然だろうと思います。
責任の重い眼科医の立場であれば特に。


患者のほうは、気長に何年も待てないので、座して見えなくなるよりはと
新しい治療を試したくなるわけですが。。
10年後の自分の視力のことを考えるとブルーになります。

タグ:アバスチン
近視は眼病のもと -目次 | TrackBack(0) | VEGF(血管内皮増殖因子)阻害剤

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。