アバスチン注射2回目 

左目にアバスチン注射をしてから1ヶ月後。
もう片方の目にもアバスチン注射をするために眼科へ行きました。

■アバスチン注射1ヶ月後の左目

視力は0.7を保ち、一時的に上がった眼圧はもとの数字にもどりました。
眼底は出血もなく、良い状態を保っていると言われました。

実は、目の前に見えるドーナツ型の影の幅が太くなったと感じるので
薬の効果が切れかけているのかと疑っていましたが、まだ眼底検査や
視力検査の結果には現れないようです。


■右目にアバスチン注射

続いて、もう片方の目にもアバスチン注射をしました。

右目は前回注射した左目より早く黄斑変性症が発症し、視力もよくありません。
網膜の断層検査では、ドーム型に盛り上がっているのがわかります。

半年前に眼底出血して、今は矯正視力0.2〜0.3というところですが
視界中央に丸いグレーの影があり、ゆがみもひどくて役にたちません。

ちょこちょこと軽い出血を繰り返しているので、アバスチンで効果が
出ることを期待しているのです。


■前回の注射と様子が違う

注射のために別室に移動し、椅子に座るところまでは同じでした。

しかし、助手の女性が新人さんだったせいか、点眼麻酔が甘くて
白目への麻酔注射が痛かった。
麻酔の効きをちゃんと確かめてくれればいいのにーー。(泣

注射針を刺した時にすこし抵抗感があって、すぐ眼球を強めに押され
何も見えなくなったので、アバスチンの薬液が入ってくるのを観察できませんでした。

視力が戻った時には、目の底にうすい水溜りがあるのが見えました。

前回は目の中を黒い玉がころころ動くのを感じたのですが、今回はそれが
ありません。

薬の量は同じはずなのに、様子が違うので本当に薬が入ったのかと
心配になりました。

針を刺した方向や深さの問題なのか、眼球の形の問題なのか、謎です。

眼帯をして、目にゴミが入っているようなゴロゴロ感を感じながら
家に帰りました。


タグ:アバスチン
近視は眼病のもと -目次 | TrackBack(0) | VEGF(血管内皮増殖因子)阻害剤
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/81673575
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。