眼病と鍼灸治療 

黄斑変性症と診断されて1年数ヶ月後に眼底出血があった時、経過観察を
続けるだけでなく、何か積極的な治療をしたいと思い鍼灸治療を検討しました。

一般に、鍼灸治療は肩こりや腰痛ぐらいにしか効果が無いように思われていますが、
他にも効果があるそうです。

日本鍼灸師会のサイトでは、鍼灸の効果について次のように書いています。

■鍼灸の効果について

鍼灸治療での刺激が内分泌系や免疫系に作用して、その結果として、
血液やリンパ液の循環をよくして、体が自然に病気を回復させる力を
高めるのではないかと考えられています。

眼科系の疾患では、眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらいに
効果があるとWHO(世界保健機関)で認められているそうです。

■黄斑変性に鍼灸治療

いくつかの鍼灸治療院のサイトを見ると、黄斑変性にも良いと
言っているところがあります。

近視性の黄斑変性は、眼球の各部位に酸素や養分を運ぶ脈絡膜(みゃくらくまく)が薄く、
栄養不足になりやすい。

栄養不足になることが新生血管が生える原因の一つと言われています。

鍼灸治療は血のめぐりをよくするので、目の血流をよくして栄養不足を
防ぐのは悪いことではなさそうです。

黄斑変性症患者を多く治療しているという鍼灸院のサイトでは、少ない症例数ながら、
黄斑変性症患者の治療報告がのっていました。

報告によると、

・他の手術法と比較しても遜色のない結果が得られた。
 (治療6ヶ月で2段階以上の視力改善が半数、視力低下なし)
・一定間隔での治療を継続で、何年も進行を抑えている
・ウェットタイプに対して効果が高かった

ということでした。

残念ながら、眼底出血などによる暗点や歪みは、完全には無くならないし
網膜に残った瘢痕も変化なしという結果は、従来の治療法と同様です。

医療機関では、0.5以下になるまでは経過観察をして、積極的な治療を
受けられないケースが多いのですが、鍼灸は病気を診断されてすぐ、
比較的視力が高い時期から治療をはじめられます。

完全に治らないにしても、視力を維持する効果があり、副作用もないなら、
積極的治療をしたい患者の治療の選択肢の一つになります。

進行していくのがわかっていながら、何の治療もしない状況は
患者にとってはかなりストレスなのです。

問題は、治療効果が人それぞれであることや、保険がきかないこと、
治療院選び等でしょうか。


タグ:ハリ
近視は眼病のもと -目次 | TrackBack(0) | 黄斑変性

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。