後部硝子体剥離と光視症 

ここ半年ばかり、目の中でちらちらと光が見えるのが気になっていました。

光は、蛍の光のようなイエローグリーン系で弱々しい光です。
昼に起こるときもあれば夜のときもあって、ちかちかと点滅しています。
ギュっと強く目をつぶると治まることもあります。

しばらく放置していたのですが、ずっと続いているので心配になって、
眼科の定期健診のときに眼科医に相談してみました。

眼底検査の結果、心配ないといわれて安心したものの、治療は不要
(つまり放置)ということで、蛍の光 はこれからも続くわけです。。


眼科医の説明では、後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり)でおきた
光視症(こうししょう)だろうということでした。


光視症とは、網膜が刺激されて実際にはない光を感じる症状です。
網膜の刺激以外に、頭の血管のエラー(脳貧血のようなもの)でも光を感じる
ことがあるそうです。

後部硝子体剥離は、眼球の中の硝子体(しょうしたい)が網膜から
はがれることです。

硝子体というのは、眼球を満たしている透明なゼラチンのような組織で、
焼き魚を食べた時に、魚の目玉をつつくとゼリーのようなものが出てきますが、
あれが硝子体です。

硝子体は袋につつまれていて、網膜とくっついています。

老化などが原因で、硝子体の入った袋が網膜からはがれてきます。
はがれるときに網膜が刺激されると、光として感じるのです。

つまり、私の目の中でちらちらと光っている時、まさに網膜から袋が
はがれつつあるというわけです。

後部硝子体剥離は病気ではなく、年を重ねることによる変化なのですが
過去に眼にケガをした人や、近視の人は普通より早く起こるそうです。

ちなみに、袋がはがれる時にくっついてきた網膜の細胞の破片や袋の
影が飛蚊症(ひぶんしょう)のもとになります。

硝子体の袋がはがれる時に網膜が強く引っ張られると、網膜が引き裂かれて
網膜剥離につながる場合がまれにあるそうです。

飛蚊症が急にひどくなったり、目を閉じて光が見えるような場合は、
眼底を見てもらった方が安心です。


近視は眼病のもと -目次 | TrackBack(0) | 近視でおこる目の病気

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。