アバスチンとルセンティスの違い 

アバスチンルセンティス
加齢性黄斑変性に効くといわれる2つの薬は、同じ会社が開発したときいて
どのような違いがあるか調べてみました。


アバスチンを改良してルセンティスを作った

アバスチンはがん治療薬として開発された薬で、がん細胞に栄養を送る血管の
増殖を抑えて、がん細胞を枯らすという仕組みです。

この仕組みは、目の網膜血管の異常な増殖が原因で起きる病気にも効果がありそう
ということで、副作用のリスクを小さくして眼に使えるよう改良を加えてできたのが
ルセンティスです。

アバスチンから「固定領域」と呼ばれる部位を除いた部分断片→ルセンティス
ということだそうです。

(改良の内容は、説明文を読んでも意味がよく理解できません。 難しい。。)



アバスチンはルセンティスより分子が大きい

アバスチンの方が分子が3倍大きいそうです。
分子量はアバスチン149kD、ルセンティス48KD。

だから何?それがどういう意味を持つかというと、

・分子が大きい方が、眼に留まる時間が長い
・分子が小さいと、浸透がよく眼に留まる時間が短い

と言えるそうです。


アバスチンは注射の回数が少なくてすむかも知れませんが、薬が長く残ることによる
副作用のリスクが高くなります。

ルセンティスは、網膜への浸透がよく、薬が早く抜けるので副作用のリスクが低く
なります。

ということになるのでしょう。

実現する可能性はないと思いますが、もし2つの薬の効き目を比較する実験をしたら
結果がどうなるか興味があります。
 ↓
 ↓
・・と思っていたら、
アバスチンとルセンティスの効果を比較する大規模試験がアメリカで始まりました。
(研究期間は2008年2月〜2011年2月の予定)

 >>アバスチンとルセンティスの比較試験


近視は眼病のもと -目次 | TrackBack(0) | VEGF(血管内皮増殖因子)阻害剤
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/77659872
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。