サプリメント飲み比べ 

経験した人だけがわかることですが、視野にかかる部分に眼底出血がおこると、
出血した血がうすく広がって影のように見えるようになります。

知人から「自分も眼底出血したけど、一週間で吸収された」という話を聞いていたのに、
待てど暮らせど影は消えません。
3ヶ月たってもきれいに吸収されません。

こんなに治りが悪いのは、体の血液の循環が悪いせいでは? と疑いました。
低血圧、低体温で平熱は35度台、それに貧血気味でしたから。

体操などでこまめに体を動かすように心がけるほか、血液の循環を良くする
サプリメントでも飲んでみようと思いたちました。

血のめぐりを良くして治癒力を高めたり、健康維持するという考え方は、
たぶん東洋医学の発想です。
西洋医学がだめなら東洋医学、そうだ、漢方薬はどうだろうかと。(単純です)

お医者さんは鼻で笑うでしょうが、以前のように見えるようになりたくて
当時は真剣だったのです。

昔、月経困難症で通院していた時、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)という
漢方エキス剤を処方されて飲んでいたことを思い出しました。

当帰芍薬散は「女性の聖薬」とも言われ、冷え・むくみ・血流改善に
良いと聞いていました。

さっそく薬局に行って、当帰芍薬散と似たような生薬が入った薬を買ってきて
飲み比べてみることにしました。

買ってきたのは次の3種類です。

当帰芍薬散(顆粒タイプ)
ルビーナ
命の母A 

上から順に試してみました。

当帰芍薬散(顆粒タイプ)
一回一包を毎食前に飲みます。
焦げたカラメルのような独特の味ですが、それほど不味くはありません。

2週間飲んでみたのですが、あまり効果は感じられませんでした。
何となく胃が重くて、便秘がひどくなったように感じたので、向いていなかったようです。 
値段は2週間分で2400円でした。


ルビーナ 
「連珠飲(れんじゅいん)」という、血を補いながら体を温め、余った水分を取りのぞく
処方だそうです。
用量は、一回3錠を毎食後に飲みます。

胃が重い等の不快感はなかったのですが、おだやかすぎて飲んだ気がしないというか、
何も変化が感じられなかったので継続に至りませんでした。
値段は 20日分で2900円でした。


命の母A
たまたまセール品で安かったせいもあって買いました。
13種の生薬を中心に、ビタミンやカルシウムなどを配合した複合薬で、
血行を促し体を温めるそうです。

用量は、一回4錠を毎食後に飲みます。

最初に飲んだ時、体がふわーっと温かくなるのを感じました。
便通がよくなったと思ったら、便秘薬で有名なダイオウが含まれている
ためでした。
ダイオウは服用量や体質によって副作用が出ることがある生薬なので
注意が必要な成分らしいです。

しばらく飲んでみて、少し作用が強いように感じたので、1錠減らしてちょうど
いいと思いました。
値段は1ヶ月分1800円でした。

冬場は命の母Aにお世話になって、暖かく過ごせました。

でも、当初の目的だった眼底出血の影は5ヶ月経った今も消えていません。
だいぶ薄くなって、明るいところでは気にならなくはなりましたが。

やはり、素人判断では限界があるし、合わない薬を飲むのは体に悪いと反省しました。
いつか病院の漢方外来を訪ねて、自分にあった薬を専門家に処方してもらおうかなと
思っています。



近視は眼病のもと -目次 | TrackBack(0) | 目の健康・視力
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/77276697
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。