読書を助ける道具 

黄斑変性症で、視野の中心部がゆがんだり欠けたりするので、本を読むために
拡大鏡(ルーペ)を買いました。
欠けやゆがみがあっても、字が大きければ読み取れるのです。

最初に買ったのは、クリップでメガネに取り付けるタイプの拡大ルーペでした。

ホビー精密用拡大ルーペ(1.5倍) RX-4815


手が自由になる所が気に入って買ったのですが、実際に使ってみると
拡大鏡の重みでメガネがずれてしまい、どうも具合がよくありません。
値段は1500円位したのですが、結局使わなくなりました。

お店でサンプルが無かったので、試さずに買ったのが失敗でした。


この失敗に懲りて、次は文庫本を持って店に行きました。

まずは、上からのぞきこんで使うスタンド型ルーペのサンプルを試してみました。
ルーペスタンド 130mm

非球面レンズの物はひずみもなく、手も自由になってよさそうです。
お値段は3800円くらいとやや高め。

持っていった文庫本を下において試してみると、拡大される範囲がやや狭く
文字を順に追っていくと、ルーペからはみだして読む動作が中断されて
しまいます。

読書には不向きだと思ったので、これは買いませんでした。


次に試したのは、大きめのシート型の拡大鏡です。
ブックリーダー(薄型ルーペ)

本の上にかざさなければならないのが不便ですが、拡大される範囲が広く、
数行分をカバーできるため読む動作を妨げられません。

値段は800円くらいだったので、これを買って帰りました。
値段は安いですが、この拡大鏡が一番活躍しています。

難点は、夜使うと照明の光が映りこんで目が疲れることです。


その後、ペアルーペというメガネ型の拡大鏡をネットで見つけて
買うかどうか考え中です。

値段が少し高く(9800円)、おいてあるお店が無く実際に試せないので
とても欲しいのですが迷ってます。

「手が自由になる」というのは捨てがたいのです。

 ↓
 ↓

その後、ペアルーペを入手しました。

「買おうかなー、どうしようかなー」と騒いでいるのを見て、家族が
誕生日のプレゼントに買ってくれました。

ペアルーペ上 鼻あてが3cm程の折りたたみの支持竿の先に
 付いているので、手持ちの眼鏡の上に重ねられるように
 なってます。
 もちろん単体での使用も可能です。

 かけた状態を上から見ると写真のようになります。
 
倍率は1.6倍。
字が拡大されるので、新聞のような細かい文字を読むのが楽です。

難点は、鼻あての幅を調節できないので、鼻の付根のフィット感が
よくなかったこと。

そのため、手持ちの眼鏡の鼻あての上に引っ掛けるようにかけ、
単体で使うときは、鼻あて支持竿をたたんで使っています。

鼻梁が細めの人の方が合うと思います。

色付きを買いましたが、夜は少し暗く感じるので透明でも良かったかも・・。
多少不満はありますが、レンズ端の歪みがなく、疲れにくいので重宝しています。




近視は眼病のもと -目次 | TrackBack(0) | ロービジョン対策

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。