治る近視・治らない近視 

先日のニュースで、「暗い所で本を読むと近眼になるというのは迷信」
と報じられていました。

小さい頃に人からそう注意されたものですが、実は根拠がない話だったわけです。

他にも近視にまつわる噂を聞いたことがありませんか?

例えば、
「テレビ、ゲーム、パソコンをしすぎると近眼になる」とか
「近くばかり見ていると近眼になる」などです

目を酷使したり、近くばかり見ることが近視の直接の原因だという
根拠はないそうです。

しかし、近眼に関する噂はいかにも目に悪そうで、目を疲れさせる原因には
なるでしょう。

目が疲れると、ぼやけたりかすんだりして、一時的に近視のような状態に
なることがあります。

この一時的な異常は 仮性近視(かせいきんし) と呼ばれて、
本物の近視ではなく、目の調節力の異常とされています。

しかも仮性近視は、近視の前段階というわけでもないそうです。


では、本物の近視というのはどういうものかというと、目の屈折異常が
原因になって、焦点が短い場合をいいます。

屈折異常というのは、目の調節を全く働かせずピントあわせをしない状態の時に
網膜に焦点を結べないことです。

本物の近視の種類としては、
光を屈折させる力が強過ぎるのが原因の 屈折性近視(くっせつせいきんし) と、
目の奥行きが長すぎるのが原因の 軸性近視(じくせいきんし) の2種類あります。

仮性近視の場合は、目薬や内服薬で治療したり、目を休めることで
治る場合もあります。

しかし、本物の近視の場合は、手術以外で治すことはできません。

手術というのは、目の角膜(かくまく)を削って薄くし、屈折力を弱める
手術です。

軸性近視の場合は、手術をしても目の奥行きは変えられないので
治すというより矯正といった方が正しいかもしれません。

また、近視が強ければ角膜をより多く削らなければいけないので
手術前に慎重に検討することです。

タグ:近視の種類
近視は眼病のもと -目次 | TrackBack(0) | 近視でおこる目の病気
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75383475
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。