アバスチン注射の効果 

アバスチンを左目に注射してから1週間。
眼科で検診を受けたところ、アバスチン注射の効果が現れました。

視力検査では、0.3 → 0.7と4ポイント向上。
眼圧検査では、 9mmHg →10mmHg で1mmHg上昇。
眼底検査では、出血して赤くなっているところが無くなって前回より良い状態になったと
眼科医も喜んでいました。

マイナス点としては、眼圧が上がったのと、たまに飛蚊症が出るようになったことです。
注射による一時的なものなのか、続けて経過を観察することになります。

前もって聞いてはいましたが、出血で一度痛んでしまった部分はやはり治らず、
視界中央の欠けとゆがみはそのままなのが残念です。


−アバスチン注射の翌日からの経過

■注射翌日
・鏡で目を見ると、白目はまだ少し充血している。
・目をそろそろと動かしてみると、鈍い痛みが走る。
・見え方は全体的にぼやけている感じ。
・目の中のアバスチンの黒玉は1つになって、大きさは5〜6mmというところ。
 昨日の半分位の大きさになった。
・目の中央に見える影の模様に大きな変化はなし。
・少し頭が痛い。顔を動かすと左目に痛みを感じる。


■2日後
・鏡で目を見ると、もう白目は充血していないが、まだ目が強ばっているような感じがある。
・見え方はまだぼやけている。
・ゆがみ、目の中央に見える影の模様もあまり変わらず。
・アバスチンの黒玉はもう無く、吸収されてしまったようだ。
・目の端にゴミがふわふわと浮いているのが見える。これが飛蚊症というものか?
・注射していない右目が疲れている。
・寝る時に少し頭痛がした。


■3日後
・目の痛みはもう無い
・視界がぼやけているのは変わらず
・私の症状には効かないのかと失望感。
・今日は飛蚊症の症状はない

■4日後
・視界はまだ少しぼやけている感じ。
・昨日からあまり変化なし。


■5日後
・スキーに行って、リフトに乗って雪を見ていると、目の端に
 煙のようなもやもやが見えた。
・ゆがみはとれないが、目の中央に見える影の模様が変わって
 黒い所が薄くなった。
・中央に見える血管の枝のような影は薄くなった。


■6日後
・それほどぼやけている感じはなくなった。
・もう片方の目より明るくみえるように感じる。
・注射を打っていない右目の見えが悪い


■7日後
眼科で検診。
視力が 0.3 → 0.7 に向上していた。
年明けに、もう片方の目にも注射してみることになった。

タグ:アバスチン
近視は眼病のもと -目次 | TrackBack(0) | VEGF(血管内皮増殖因子)阻害剤

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。