PDTとTTT 

滲出型の治療−1で出てきたPDT(光線力学療法)とTTT(経瞳孔温熱療法)は
弱いレーザーをあてて新生血管を枯らす方法でした。

PDTとTTT、双方の使い分けについてもう少し詳しく知りたくて
調べてみたのですが、どうもTTTの情報は少ないのです。

PDTは平成16年に認可されたこともあって、TTTをおさえて
主流になったのかもしれません。

それとも、TTTに向く症例があまりなくて使いにくいのか?

残念ながら、実際のところはよくわかりませんでした。

もし興味のある方は、眼科医に正確な情報を確認してみてください。

PDT、TTTを実施している眼科病院

捨てるのももったいないので、ネットで拾った情報を以下に
書き留めることにします。


新生血管のタイプ

蛍光眼底造影検査の結果を見て、新生血管の状態をタイプわけ
することができます。
新生血管のタイプが、治療方法を選択する情報の一つになります、

造影検査の初期から、境界がはっきりした新生血管の像が判別できる
タイプを classic型、
そうでないものを occult型と呼びます。

1人の患者に両方のタイプが混在していることも多いので、
さらに以下のように細かい分類もあります。

 (1) 病変の50%以上がClassic型 : Predominantly classic
 (2) 病変の50%未満がClassic型 : Minimally classic
 (3) Classic型の病変部がない  : Occult with no classic



■TTTでの治療を検討する要件
・一般的に、網膜色素上皮の下の新生血管に対して有効

・主に occult型 に適応

・熱が伝わるのをさえぎるため、中心窩に網膜下液があることが必要

■PDTでの治療を検討する要件
・一般的には網膜色素上皮の上にある新生血管に対して有効

・病変部が小さいと効果が認められる。
 →海外の実験で Classic型 に対して有効とされたが、
  その後多くの症例の解析が進み、タイプによらず
  病変部がある程度小さいものに有効と言われるようになった

・加齢性黄斑変性の特殊型「ポリープ状脈絡膜血管症」には効果的。

・強度近視には良い治療成績がでない
 →強度近視の人は網膜が薄いので、PDTを繰り返すと傷むらしい




タグ:PDT TTT
近視は眼病のもと -目次 | TrackBack(0) | 黄斑変性

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。