黄斑変性症ってどんな病気? −症状や特徴 

近視の強い私が、見え方がおかしいので眼科で診察を受けたとき
2つの病気が見つかりました。

1番目「網膜格子状変性(もうまくこうしじょうへんせい)」
2番目「黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)」

1番目は簡単に言うと「網膜に薄いところがある」ということで、
はがれないようにレーザーを打って一安心。

やっかいなのは2番目の方でした。


さて、あなたは黄斑変性症という病名を聞いたことがありますか?

黄斑変性症は目の黄斑という部分に異常が起こる病気で
視野の中心のもっとも見たい部分が見えなくなるのが特徴です。

「視野がちょっと欠けるくらい大したことないじゃない?」と思ったあなた、
明日からこんな症状が出たらどうでしょう?

 ・本を読みたいんだけど、読もうとしている字が見えない
 ・字を書こうとしたら、手元が見えなくてちゃんと書けない
 ・通販の申込書のマークシートやOCRの記入ができない
 ・映画を見にいったけど、俳優さんの表情がよく見えない
 ・地図で行き先を調べたいのに、目的の道の辺りがよく見えない
 ・自動販売機に入れる小銭がよく見分けられない
 ・表計算ソフトのマス目が歪んで見えるので気持ち悪い
 ・お化粧するときに眉やアイラインが書けない
 ・コンシーラでシミ隠ししたいのに、シミが見えない


生活が不便になると思いませんか?

まったく見えないわけではないので、日常生活はできますが
人に理解されず困ることもあります。

この眼病は欧米人に多く日本人には少ないといわれていました。
しかし最近は日本でも患者が増えたため、テレビや新聞で
とりあげられるようになりました。

主に中高年の病気といわれていますが、若くても近視の強い人に
発症した例もあります。

この病気にはいくつかタイプがあり、放っておくと失明にいたるケースもあるので
早期発見が一番です。

簡単にチェックするには、片目で見え方に異常がないか調べるといいでしょう。
ちなみに、私は表計算ソフトのマス目を見て異常に気付きました。

もし次のような自覚症状があったら、念のため眼科に行ってみましょう。

 ・物がゆがんで見える(変視症)
 ・見ている物の中心が欠ける(中心暗点)
 ・物がはっきり見えない




近視は眼病のもと -目次 | TrackBack(0) | 黄斑変性
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/71286999
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。