近視・近眼は病気じゃない? 

こんにちは。
この記事に目をとめたあなたは、もしかしたら近視でしょうか?

日本は近視が多い国といわれています。
あなたの友人知人にも近視の人は珍しくないのではないでしょうか。

近視は痛みも無く、度が進んでもメガネやコンタクトで矯正できるので、
あまり深刻には考えません。

「近視は屈折異常にすぎないから病気ではない」というお医者さんも
いるくらいです。

近視は命にかかわるわけではなく、何らかの治療も必要としないので
一般的な「病気」のイメージとは違います。

でも、近視も強くなると、やがて眼病につながることがあるのです。

ご存知のように、目の中には網膜という膜があって、カメラに
たとえるとフィルムにあたります。

強度近視の多くは眼球が前後に長く伸びているので、網膜が引っ張られて
薄くなっています。

そのため、網膜が弱く、普通の人より目の障害が起きやすいのです。

強度近視の人に起きやすい目の障害は次のようなものです。

・網膜に穴があいたり、はがれたりする
・不良な血管が生えて眼底出血する
・普通より早く白内障が起こる
・一般より高い確率で緑内障になる

そんな話を聞くと、少し怖くなってきませんか?


近視の強さは視力ではなくD(ディオプトリ)という単位で
表し、程度は下のように分類されます。

 軽度近視  -3D未満
 中等度近視 -3D以上 -6D未満
 強度近視  -6D以上 -10D未満
 最強度近視 -10D以上


私の場合、コンタクトの箱を見ると、右が-8.50D、左が-6.5Dだから
「強度近視」は確実です。

あなたの近視の程度はどうですか?

もし強度や最強度の方は、異常を感じたらすぐお医者さんに
行くようおすすめします。

「仕事で休めないから」「大騒ぎしてると思われるといやだ」とか
億劫になりがちですが、目に障害が起こると、今までの生活が
ガラガラと崩れます。

手当てが早ければ早いほど、大切な視力を守れます。


 →治る近視・治らない近視

タグ:近視
近視は眼病のもと -目次 | TrackBack(0) | 近視でおこる目の病気
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/70872185
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。