オキュバイト「プリザービジョン2」はAREDS2を反映 

ボシュロムジャパンからオキュバイト「プリザービジョン2」という
新商品が登場します。
12月17日から全国の眼科や大学病院を通じて販売開始だそうです。

新商品はAREDS2という臨床実験の結果をもとに開発された
サプリメントです。

AREDS2というからには、その前にAREDS1があるはずですよね…


■AREDS結果をうけて作られたサプリ「プリザービジョン」



AREDS(Age-related Eye Disease Research Study)は、
1992〜1998に米国国立眼研究所(NEI)主導で行われた臨床試験です。

AREDSでは、抗酸化ビタミン+亜鉛のサプリメント摂取で
加齢黄斑変性の進行を遅らせる効果があることがわかりました。

このAREDSでのオリジナル処方は
ビタミンC.......500r
ビタミンE.......268r(400iu)
ベータカロテン..15r
亜鉛............80r
銅..............2mg
です。

日本で発売されているオキュバイトのサプリメントの中で
AREDSオリジナル処方に近いのは「プリザービジョン」です。

ただし、日本で発売された「プリザービジョン」は、
亜鉛の量が半分以下になってますね。
おそらく日本の上限摂取量の基準の関係かと思いました。



■AREDS2ではAREDS処方との比較が行われた



次に、AREDS2です。
AREDS2では、加齢性黄斑変性(AMD)の患者に対して
ルテイン、ゼアキサンチン、ω-3脂肪酸(EPAとDHA)の効果を
検査する試験が行われました。
Age-Related Eye Disease Study 2 (AREDS2) Study Results(英語)

10 mgのルテインと2 mgのゼアキサンチンを毎日摂取したグリープは
加齢性黄斑変性の進行リスクが26%減少したそうです。

この結果から、ルテインとゼアキサンチンは加齢黄斑変性の予防に
有効であることがわかりました。

AREDS処方との比較については、ベータカロテンを抜いて
ルテイン+ゼアキサンチンに置き換えると、重度の進行(滲出型への進行)
リスクが18%低くなりました。

ω-3脂肪酸(EPAとDHA)については、効果に影響は見られませんでした。


■「プリザービジョン2」の成分



AREDS2の結果をうけて開発されたという「プリザービジョン2」
海外版パッケージを見ると、AREDS2との関連ををアピールしています。

米国のボシュロムサイトで成分表を見てみました。
ビタミンC.......500r
ビタミンE.......268r(400iu)
亜鉛............80r
銅..............2mg
ルテイン........10mg
ゼアキサンチン..2mg


AREDS処方とのとの大きな違いは2つです。

@ベータカロテンを抜いた
Aルテインとゼアキサンチンを加えた



喫煙者がベータカロテンを摂取すると、肺ガンのリスクが
高まることがわかっています。
ベータカロテンを抜いてルテイン+ゼアキサンチンにすることで、
サプリメントの安全性と有効性を高めることができます。

日本で発売される「プリザービジョン2」は当然日本向け処方に
なっているでしょうね。
価格が気になります。


■12/20追記
ボシュロム(日本)のサイトに「プリザービジョン2」が追加されていました。
オキュバイト プリザービジョン2

価格は通常購入で4,900円。
ルテインとゼアスキサンチン以外の分量が日本向けになっているようですね。

無料サンプル(1日分)がもらえるので、つい申し込んでしまいました。
1日分飲んだからどうなるものでも無いのですが…。

届いたサンプルを見たら、3日分でした。
 ↓
presumple.jpg



近視は眼病のもと -目次 | Comment(0) | 黄斑変性
この記事へのコメント


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。