ルセンティス、日本でも承認 

滲出型の加齢黄斑変性症の治療薬として有名なルセンティス(ラニビズマブ)が
ついに日本でも承認されました。
→→「ルセンティス®硝子体内注射液2.3mg/0.23mL」の製造販売承認を取得」

■ルセンティスの紹介

プレスリリースにはルセンティスの紹介として次のようなことが書いてありました。
・遺伝子組換え技術により創製された抗VEGF抗体である
 (ルセンティスがどのように作用するのか解説した図もあります)

・滲出型の加齢黄斑変性症患者に対する国内外の臨床試験で、初めて
 視力改善効果が確認された薬

・効果が出るのが早い(最初の投与から3日で視力改善が認められた)

・現在世界77ヵ国で承認されている


この辺の記事はどこかで見たことがあるのですが、日本国内の臨床試験の
結果は初めて読みました。

■ルセンティスの臨床試験の副作用

それによると、23.9%(21例/88例)に検査値異常を含む次のような
副作用があったそうです。
・眼圧が上がった
・視力が下がった
・網膜から出血した
・眼が痛くなった
など


■ルセンティスの用法・用量

ルセンティスの「導入期」は1ヵ月毎に0.5mgを3ヵ月連続で硝子体内投与。
その後「維持期」になったら、症状によって投与間隔を調節する。

注意点としては、投与間隔を1ヵ月以上あけることとあります。

まだ薬の価格はわかりませんが、大阪大学の先生のコメントにも
あるように、患者がルセンティスの恩恵を受けられるよう期待しています。

ルセンティスが承認されたことで、アバスチンは使えなくなるのかも
個人的には気になるところです。



近視は眼病のもと -目次 | TrackBack(0) | VEGF(血管内皮増殖因子)阻害剤

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。