アバスチン注射から半年 

近視性黄斑変性で今年の1月に右目にアバスチン注射をしてから
半年たちました。
左目はその前の月にアバスチンを注射してます。

見え方に大きな違いは感じられませんが、眼科に定期健診に
行ってきました。

視力を測ったら、左:1.0→0.8、右:0.8→0.9で、前回と比べて左は0.2のダウン、
右は0.1上がってました。

視力のこの程度のアップダウンは多分誤差の範囲かなと思います。

左目は黄斑部の中心に斜めに傷があって視野が少し欠けているし、
傷の左と右で物が上下にずれて見えるので中心にある小さいものが
見え難いのです。

頭を振ってもう少し粘れば見えたかもしれないですが、今回は気力が
続きませんでした。

1点を凝視すると見えないので、対象物から視点をずらした状態で頭を振り、
ランドルト環(C)のあいた方向を一瞬で見分けないといけないので、
集中力が続かないとうまくいきません。

右目は中央部だけは歪みがないですが周辺部が大きく歪んでいるし、
全体的に色が白っぽく褪せて見えるような気がします。

アバスチン注射以前は視界をさえぎる影の色がグレーだったのが
今は白くぬけたような感じ。

眼底を見てもらったところ、新生血管は枯れていて新しい血管はまだ
生えていないようなので、この状態をキープしましょうと言われて
帰ってきました。
次はまた3ヶ月後。

ところで話は変わりますが、近視性黄斑変性で有名なブログ「そらいろのたね」の
管理人様が取材をうけた記事が朝日新聞に掲載されたとのこと。

黄斑変性といえば加齢性黄斑変性で、近視性の情報はあまりないので、
ぜひ図書館に行って読んでこなくては。

タグ:アバスチン
近視は眼病のもと -目次 | TrackBack(0) | 黄斑変性
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102656948
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。