人間ドックの眼底検査では不十分 

人間ドックで眼底検査をしたからといって安心できないという
ニュースをご覧になりましたか?
「緑内障 人間ドック、見落とす危険」(MSN産経ニュース)

緑内障といえば中途失明の原因として最も多く、なんと40才以上の
20人に1人が発症しているという病気。

40才位になると年1回の人間ドックで検査を受ける人も多いでしょう。
でも、人間ドックで眼底検査をしても緑内障を見落とす危険が高いと
いうから安心できません。

緑内障の患者団体が調べたところ、現行の人間ドックの検査指針では
緑内障の検出率はあまり高くないそうです。
理由として、眼底写真の診断を眼科以外の医師が行っていたり、
眼底写真を片方しか撮らないなどの例があげられています。

緑内障というと眼圧が高いものだから、眼圧を測っていれば
見つかりそうなものですが、眼圧があまり高くないのに発症する
「正常眼圧緑内障」は発見できません。

「正常眼圧緑内障」は40才以上の発症者の7割を占めるそうで
私の身内にも患者がいます。

その人は、かすみ目がなかなか治らないからと眼科を受診して緑内障が
見つかりました。

前の月に健康診断で眼圧を測って正常範囲内だったから安心していたのに
どうしてと思ったそうです。

幸いごく初期だったので、大きな視野の欠けもなく、今は目薬で病気を
コントロールしながら経過観察しています。

目の病気は、片方の目の視野が欠けてももう一方の目で補うので
気がつきにくい。
見えにくいと感じた時には症状は進行しています。

テレビの砂嵐画面で、緑内障の自己チェックができるのは有名ですが、
ファイザー製薬のサイトでもチェックができます。
→→正常眼圧緑内障啓発サイト(ファイザー製薬)

緑内障のリスクの高い人の条件は、
・40才以上
・高血圧や低血圧
・片頭痛がある
・強度近視の人
・家族に緑内障患者がいる人

緑内障の場合、眼科医でも専門医でなければ発見率が3割以下に落ちると
いう話が記事には書いてありました。

40才になったら、定期的に眼科の専門医でチェックするのが目を救う近道ですね。

近視は眼病のもと -目次 | TrackBack(0) | 目の健康・視力

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。